次回鑑定は7月の予定です。 詳しくはクリック

リメンバー☆ 夢 ☆ 猫の死骸と大きな犬と○○な女性

夏ミカン

本文とは関係ありません。 2017年2月西30度 方位取り 島根県出雲市 須佐神社付近

2015/9/7 22:55 に書いたお蔵入り記事

おとといの9月5日の明け方に見た夢の話

自転車で車道を走っている。
ふと気が付くと、路面に猫の死骸が・・・
ぺったんこ状態の猫で、手足がばらばらに散らばっている。内臓も飛び出している。
それも1匹ではない。
道を進むにつれてその数はどんどんと増えていく。
路面中、猫の死骸だらけだ。しかもバラバラのつぶされた死体。
たぶん車に引かれたのだろう。
自転車はその猫の死骸をきれいによけつつ、進んでいく。
猫の色は町でよく見かける黄土色の奴。
路面中黄土色の猫の死骸が続く中、1か所だけ白猫のちぎれた手があり、傍らにはまだ生きている白猫がぎこちなく歩いていた。
その白猫は顔をこちらに向けていて、私の姿を見て逃げていくようにも見えた。
さらに進んで行き、ある地点まで来たところで、ぴたっと死骸がなくなった。

なぜかそこは実家前の車道・・

さらにしばらく進み交差点に差し掛かろうとしたところ、目の前の交差点上にあるものを見かけた。
それは、
前方左側に馬程度の大きさのグレーの犬3匹。
前方右側には同じように馬程度の大きさのグレーの犬1匹と白い犬が一匹。
恐る恐る、交差点まで近づき、左折する。
こちらに向かって襲ってくるのではとひやひやしながらだったが、大人しい犬だった。
犬の(首輪ではなくて)胴輪につながれている縄を誰かが手に持っている姿が見て取れた。

左折した交差点をしばらく進むと・・

どうも後ろから気配がする。
誰かなと、後ろを振り向くと、なんともいえない美人さんが自転車に乗っていた。
こちらを見つめながら追い越してゆく。そして、その姿は美しかった。
しかし、何か違うなと・・
初めノー○ンのように見えたが、よく見ると、レオタードの上にスカートをはいていた。

そして、ここで目が覚めた・・・

夢の内容を少しまとめてみよう

夢の解釈
 自分を陥れる存在がいなくなり、順調に物事が進んでいく。
 その先に、自分を援助してくれる部下や上司が現れる。
 そして、『自転車に乗った女性』が現れる!?

前半の猫の死骸の夢は、あまりにグロテスクなため、光景を思い出しただけでも食欲をなくす。しかし、これは良い夢だ。
生きている猫の場合、自分を陥れようとしているものがいることを教えている。
それが、死んでいるのだから問題は解決した。

そして、巨大な大人しい犬。
犬の大きさは、援助してくれる大きさを表す。
半端でない大きさなので、その援助も半端でない。
しかも合計5匹。
うち1匹は白犬なので、他のグレーの犬4匹とは格が違うことを示している。

最後の自転車に乗った女性がみょーに引っ掛るが、
これは良い意味なのか、悪い意味なのか。

解説

2年ほど前の記事ともなれば、

この後に起きた事と照らし合わせることで、夢の解釈もしやすい。

以下に、この夢とその当時の結果をまとめてみた。

自転車でスイスイ進むことが意味するもの
 物事がとても順調に進んだ

 

猫の死骸が意味するもの
 自分を陥れようとしている人物がいなくなった

 

犬が意味するもの
 優秀な部下や、助けてくれる上司が現れた

 

自転車に乗った女性が意味するもの
 心当たりがないわけではありませんが・・(これ以上はプライバシーです)

 

2017-08-29
23:36:41

あとがき

いかがでしたか?

夢の事ですので、内容的な部分には目をつぶっていただけたらと思います。

2年前に書いた記事をこのブログのスタイルに若干編集していますが、文体はほぼ当時そのままにしてあります。

方位を取り始めてからこの類の夢を見るようになったのですが、これを偶然と捉えるかどうかは人によりけりなのでしょうね。

方位を取りすぎてこうなりました Part Ⅳ