7月鑑定 詳しくはクリック

方位取り ☆ 方位効果の検証をしてみました 2019年5月 西30度

私事ですが、この5月に西30度を取ります。

年盤・月盤とも同じになる5月です。西30度の方位では重なった一白水星が極まり新たに星を生み出します。

星の概念 こんな感じですね・・・作り始めたらこうなりました 意味通じますかね??

何事も極まれば対極となる

陽が極まれば陰となるように、一白水星の対極の九紫火星が生じます。

結果的に今回は、七赤金星と一白水星と九紫火星の3つの星が取れますので、象意もこれに沿った形で出ることでしょう。

・・・

というわけで、本題の検証に入ります。

方位効果は取る前から発動する

今回は、年盤・月盤で一白水星が重なる西30度のど真ん中で、かつ同会吉方かつ天道ですので、短期的な吉効果はすさまじいと思われます。

現実にはまだ方位は取ってはいませんが、過去に例がないほどはっきり方位効果が出ています。ということは、距離は550kmと短かくともかなり強烈な方位だということです。(もうこれだけで十分満足といったところです)

西30度は食が正される方位

一白水星の象意は牛乳

最近、牛乳を飲むようになった。

確か、最後に牛乳を口にしたのが15年ほど前だったと思います。

当時は牛乳についての議論自体がタブーでしたが、最近はそうでもない印象です。しかしですね~、私はこの件に関しては、180度意識が変わり世の流れと逆になりました。

色々と議論の的になる牛乳ですが、それでも健康維持には必要だという意識に変わりました。

これはどう考えても一白水星の力でしょう。(間違いありません!!)

西の象意は卵

これまた、年に数回しか口にしません。動物性ということで自然と食べなくなったという経緯があります。

ところが、卵(特に生卵)が妙に食べたくなるこの頃で、毎日卵の食生活へと変化しました。これもどう考えても七赤金星の力でしょう。(間違いありません!!)

ほんの少し欠けていたものが満ちる

西の一白水星ということで、金銭的な部分で満ちることもあります。

細かいことは省きますが、ありえない形で私の知らないところで勝手に満ちた。一時金的なものではなく今後ずっとです。不足分が補われるように。

これ、どう考えても西の一白水星の力でしょう。(絶対に間違いありません!!)

九紫火星の象意は美術品

以前より部屋に合う大きめのがあればなと思っていたことが、叶いました。

九紫火星の象意に離れるというのがあります。恩人の他界とともに遺品という形で実現しました。

これだって、九紫火星の力でしょう。(ですよね!!)

西の象意は歯

西ということで、歯についての事柄。例えば、良い歯医者と巡り合えるとか、知り合った人が歯科医に努めているとか起きます。

私の場合、何が起きたか・・・いや、起きるのか

霊視により、歯の疾患を予言された

ひぇ~、という感じですが、これは先日2年ぶりに受けた九紫火星の象意とも思える霊視鑑定の内容です。

なんでも、今はその疾患を完治させる医療技術がないそうです。ですが、近未来とんでもない技術が登場するらしく、その時、歯を再生するために今の歯が必要となるので、決して抜かないよう忠告を受けました。その技術の登場はおそらく2024年ごろと見込んでいます。と同時に、治療費も結構かかるらしい。それまでは日々しっかり歯を磨くようにとの助言をいただきました。(ま、あくまで未来予測ですので、意地でも私は回避させてみせますが・・・)

これは、本来なら歯を失うところを救われたということです。人は歯から老化が始まります。それが阻止できることを前もって知れた事実は大きいです。なぜならば、悪い未来は知った時点で変えられる可能性が生まれるからです。

これだって、どう考えても九紫火星と七赤金星の力でしょう。(ぜった~いに間違いありません!!)

ということで、これでもかというくらいに象意が出ています。

以上を持ちまして、検証を終わります。

宮崎 煌大
2019-05-07
01:29:43

あとがき

今回の西30度の場所ですが、

『西30度のレジャー的な楽しさと一白水星の落ち着いた静けさの2つの要素を兼ね備えた場所』

を選定するのにとても悩みましたが、何とか合致しそうな場所を見つけました。

事前にこれだけ方位効果が出ていると、もう打ち止めなのでは?とさえ思えますが、まだ本丸が残っているとみています。さてどうなるでしょうか?