次回鑑定は26日(日)15時からです。 詳しくはクリック

方位取り☆2016年8月☆夏休みのおすすめの方位はここだ

夏のおすすめの方位取りを考えました

年間を通じて、長期休暇(4日以上)が取れる機会というのはそうそうあるものではありません。そういった機会は、方位を取るのに最適なタイミングです。

タロコ渓谷

 方位取り 2015年大晦日 台湾南部のタロコ渓谷にかかる橋です。


宮崎 煌大 です。

2016年夏、今年も暑い夏の時期に差し掛かりました。関東地方はまだ梅雨は明けていませんが、一足先に梅雨が明けている地方もあることですし、今日は、勝手におすすめの方位取り先を考えみようという企画です。

どういった流れで、おすすめの方位を書こうか、少し考えました。

普通に九星で分類して各星ごとに方位を出すのが良いと思いますが、それだけだと実に面白みがありません。方位取りがテーマなのですから、このブログのタイトルにふさわしい記事にしないといけません。

2016年8月の方位取りのキーワードは 「無難な方位」 です。

無難な方位はここだ

生まれの九星(本命星)別に方位を出しました。
本命星のみでみます。月命星はみません。

 東北東南西南西西北
一白      
二黒    
三碧      
四緑      
五黄  
六白      
七赤      
八白    
九紫      

 icon-adjust 表1 九星から判断した吉方位
○ 無難な方位(安心してゆける方位です)
◎(☆) 吉方(吉方が入っている方位ですので無難なうえに方位効果が期待できます)


以上、表のとおりです。◎(☆)か○の場所へ行きましょう~♪

・・・

とま、これだと話が終わってしまいますので少々解説です。

実は2016年8月という月は九星から見ると特に積極的に方位を取る月ではありません。でも長期の休みが取りやすい月でもありますので、旅行する機会も多いことでしょう。

その際は少しでも無難な方位へ、そして、できることなら少しでも吉方が入っている方位に行きましょう。

もっと無難な方位はここですよ

方位の選定は慎重なほうが良い。

欲を言えば、南は除いた○か◎の方位がよろしいですね♪

2016-07-02
00:44:20

 icon-arrow-right 次の記事

方位取り☆2016年8月☆夏休みのおすすめの方位はここだ その2
こんにちは 宮崎 煌大 です。 本日は朝からサロンのトイレ掃除をしておりました。まだ朝早いからお客様は来ないだろうと思いきや、背後から人の声が・...
おまけ解説

おまけ解説のほうが長くなりそうですが・・・さらっと。

8月はお盆でたいていの人は休むのでしょうから、8月10日から20日の間に行くと良いです。でも、できることなら休暇をずらして8月下旬がお勧めです。


私の過去の経験則からしても、また教科書的にも、実践方位取りで一番重要視するのは何と言っても月盤です。

月盤による方位効果は1年間大きくでますが、8月は通常の月より各星とも方位効果は強めにでます。(詳細省略)

しかし、無難な方位を選定するとのことでしたら、こういった九星からみた場合以外に他にもっと見ないといけない部分があります。

九星の上位にある十干・十二支でみると8月は同会してますのでやはり考慮はしたほうが良い。九星同様に北と南は強い。結果、北は人により無難なのかどうかは鑑定が必要ですし、南は万人にとって外したほうがよろしいねとなります。(詳細省略)

ちなみに、四緑の私は8月の方位取りはパスです。


例えば、人によっては高確率でやめたほうが良い方位ってのがあります。

生まれ持って情熱の塊みたいな人で、気まぐれで、他人を振り回してしまうような人。今年になって急に自我が大きくなった感覚のあるかた

・・・北や北北西は無難とはいいがたい。


こういうのはその人に合わせた方位鑑定になりますので、注文住宅やオーダースーツのようにその人にぴったり合った鑑定で方位を出していきます。

私が手相拝見した方でご興味ある方には、今までのノウハウが詰まった(煌大流)方位鑑定をさせていただいてます。