3月の鑑定日に、21 30 31 を追加致しました。

方位取り ☆ 大吉方に願いを その3 -再現-

東京は35度越えの猛暑日。朝から蝉がにぎやかだ。私の朝は寝起きの占いから始まる。これは日課になっている。暫く時間をおいて、手相、四柱推命、読書・・・ブログ・・鑑定ログ・鑑定書作成・・・その他庶務もろもろ、時間が足りない。我ながらよく続くと思う。方位を知る前と比べたらその意識はまったく異なっている。

亀

我が家にやってきた亀の置物

当ブログの開設当初は、私自身が方位でどう変わりどうなっていくのかを日記的にまとめる意味合いが多分にあった。

第三者の目よりも自由さということにかなり重きを置いているため、暫くしてからは自前のシステムに変更しひっそりブログを開設していた。当然、巷の無料ブログサイトのようににぎやかではない。たまたまgoogle等の検索エンジン経由で訪問していただける方ばかりだ。

そういった検索エンジンに年初あたりから上位ヒットするようになり、恥ずかしながら、やっとまともなアクセス数となりつつある今日を迎え、このブロブの意味合いもどんどん変化しつつある。

記録をまとめて還元へ

公開記事の多くは実際は下書き同然である。文体が読みづらかったり・間違ったことを書いていたりとかなり恥ずかしく本来なら非公開にすべきだと我ながら思うが、そういったことも含めての記録なのであえてそのままにしている。この下書きをまとめ上げて、記録を還元するというのが私のやり方のように思う。

記録は大切なことを思いださせてくれる

過去の方位取り記事を読むと、当時の心境がよみがえる。完全に忘れていたような気づき・考え・感情を思い出させてくれる。私にとって、このブログはかなり重要な役割を果たしてくれていることにここ最近気がついた。 

そんな中、読み返したのが、2015年4月の大吉方の西南60度の記事である。読み返すとその感覚がリアルによみがえってくる。方位取りから帰ってきて2週間ほどは、体の中から猛烈なエネルギーがほとばしっていた。

このような状態というのは、例えて言うと、(エネルギーレベルで劣る)他人が小さく見える(感じる)のである。

9月、大吉方でこれを再現しようと考えている。

2017-08-24
01:06:50

おまけ

先日買った、亀の鋳鉄製置物。実はこれは朱肉なのです。

たまたま入った文具店でショーケースに収められたこいつを発見。幸運印鑑用にと取り寄せました。

亀は幸運を運んできてくれる縁起物ですから、大事にしないといけませんね。

亀を夢で見たなら、名声や金運に恵まれることでしょう。
亀の朱肉でした!

亀の朱肉でした! もちろんこれは幸運印鑑用に調達したものです。